おすすめ青汁

苦くない青汁のおすすめは乳酸菌入り青汁。 今だけ、あの有名な「乳酸菌と青汁」が キャンペーン初回限定価格980円!!
青汁と乳酸菌

シックなティールームでイングリッシュブレックファースト@三宿

友達にシェアする

三宿の交差点からてくてく歩くこと数分。静かな通りに佇むティールーム。「Lilibet」というお店の名前もチャーミングでなんとなく心惹かれる。

今日はここでお昼を食べることにしましょう。なにかイギリスっぽいものが食べられるかな?

少しガタガタっとするアンティークのドアをそっと押し開けて中に入ると、大人っぽい感じのブリティッシュトラッドのBGMがお出迎え。

あ。素敵なインテリアだなぁ。ティールームといっても、田舎のお店によくある花柄とフリルでいっぱいのちょっと野暮ったい感じとは違っていて、すっきりとシックなデコレーション。とっても好みに合う。。

「ブリティッシュパンケーキ」なるものがついてくる「リリベットサラダプレート」を選ぶ。

他には「チキンティッカマサラカレー」チェダーチーズの「リリベットサンドイッチ」がランチタイムのラインナップ。

さて、運ばれてきたのはサラダが山盛りの大きなプレート。

ソーセージと卵も載っているし、カラフルで美しいイングリッシュブレックファストという感じかな。

イングリッシュパンケーキは割と薄めに大きく焼いたパンケーキで、くるくると巻いてある。

さっそくサラダの森に突進。いろどりの美しいキャロットラペ、紫キャベツのサラダ。どちらもシャキシャキで食べ応えあり。

グリーンサラダもアップルビネガーのドレッシングが美味しくて、ムシャムシャと食べ進める。

カッテージチーズも少し。それからフレッシュなディルが載っていて香りのアクセントになっていていい感じ。

パンケーキはメープルシロップが付いているので、甘く味付けしていただきました!

さて、サラダを食べ終える頃スタッフの男性が紅茶を運んでくれるのだが、これがとってもいい香り。テーブルに置いたとたん、甘い香りが!色も美しくて。

紅茶のラインナップが豊富なので「この紅茶は何?」と尋ねると「さてなんでしょう?」と逆に質問されてしまった!

私の予想に反して、ウバでもヌワラエリアでもなく正解はディンブラだそう。

このお兄さんがとても気さくでチャーミングなキャラクターで、常連らしきお客さんたちと楽しそうな会話が弾んでいた。

伺うとサラダのお野菜は、特に特別なものではないそうなのだが、美味しかったので「新鮮だからおいしいのね?」と私がいうと「そゆこと。」とにっこり笑っていた。

ほどよく力が抜けておしゃれな感じで素敵なティールームだなあ。近所にあったらちょくちょく通いたい。

キャロットケーキかチーズケーキのデザートも勧められたけど、お腹がいっぱいになってしまったので今日は断念。ちなみにブリティッシュパンケーキは、お茶の時間には甘いデザート仕立てのものがいただけるそう。

今度は甘いもの目当てで来てみよう。

今日はこれから三宿の通りをお散歩するつもり。

三宿は三軒茶屋からも池尻大橋からも少し距離があるので、人も車も少なめでお散歩するのにぴったりだ。

寄り道したくなるようなパティスリーやコーヒーショップなんかもいろいろあるし、世田谷公園は広々して思いきりのんびりできる。

今日、散歩途中に新たに見つけたのはチョコレート屋さん!

お洋服かステイショナリーのお店かな?と中に入ると整然とタブレットのチョコレートが並んでいる。

最近あちこちで「Bean to Bar」 のチョコレート屋さんを見かけるようになった。「Bean to Bar」とは豆の仕入れから焙煎、製造まで一貫して行うチョコレートの作り方。

CRAFT CHOCOLATE WORKS」も自社で輸入したカカオ豆をお店併設のアトリエでチョコレートに仕立てている。

豆の個性を味わえるようにブレンドはせず、タブレットはすべてシングルオリジンの豆でできている。お店の方の丁寧な説明を聞きながら試食もさせてもらえる。

今日私が選んだのはガーナ産の豆を砕いたカカオニブ。もちろんこれも店内のアトリエで作っている。

カカオニブはカカオ豆の胚乳部分を砕いたもので、とても抗酸化作用が高い。私はおやつ代わりによくつまむ。

このカカオニブはていねいに作ってあって、すご~く美味しい。

(タブレットチョコレートの作り方を色々質問して細かく教わったのにカカオニブを選んでごめんなさい!)

お店おすすめのカカオニブの食べ方は蜂蜜に浸して食べるというもの。試食もさせて頂いた。家に帰って早速やってみる。これは夢中になるおいしさ。

カカオニブとはちみつだけのスイーツだからとてもヘルシーだと思う。

「Lilibet リリベット」

http://www.lilibet-cafe.com

「CRAFT CHOCOLATE WORKS  クラフト チョコレート ワークス」

http://www.craft-chocolate-works.com

投稿者プロフィール

EMMA
EMMA
身体がよろこぶおいしいものを日々追求するエピキュリアン。街を探検して歩くのが好き。散歩の途中に思いがけず美味しそうなお店を発見すると嬉しくなります。
新たに出会ったお料理を自宅で再現するのも楽しみのひとつ。
485

友達にシェアする

フォローする